この時とばかりに 2

鑑定事務所さんの業務を、昨日は少し紹介させていただきました。

保険会社と被害者の間に入って調整を行う、精神的に大変ご苦労なお仕事です。

私も何度か同行をして、被害状況の確認、復旧にあたっての見積り作業等を

お手伝いさせていただいたものです。

さて、昨日提出した見積りは、エヌテックからは○○○万円で出したわけですが

その不信感を持たれている建設会社の見積り金額は○○○万円らしいのです。

(もちろんハッキリとは教えていただけませんが、その辺は私のテクニックで・・・。)

さすがに金額をはっきりと書くわけにはいきませんが、・・・・。

弊社も、当たり前程度の利益、経費をいただきますが、この二つの見積り金額が

エヌテックを100とした場合、もうひとつのA社さんはなんと140


いくら保険から工事金が出るからといって「この時とばかりに」とべらぼうにぼったくる

ような建設会社も確かに存在するのです。みなさんも注意してくださいね。


「この時とばかりに」とそのような見積りを出して、不信感を持たれていますよ。

全国展開をされている「大●●託さん」。
[PR]
by nt-nosaka | 2009-01-22 10:08 | もろもろ