ケミレスタウンプロジェクト

e0165671_16213236.jpg


先日千葉に出張したことを少し紹介したが、千葉大学環境健康フィールド科学センター内に

建設されている実証実験居住施設群を見学させていただいた。

近年新築住宅の中で建材から揮発する科学物質の問題いわゆる「シックハウス」の

原因物質がなかなか特定が難しく解らない場合もある。そういう時に、「シックハウス」

を疑われる患者様とそのご家族を対象に、実際に数日住むことが出来、症状改善を実証

することが可能な住居施設だ。

e0165671_16225222.jpg

        ▲ 左奥が積水ハウス 右手前がNRAハウジング+無添加住宅

e0165671_1622386.jpg

















冒頭の写真が「高千穂」さんの住宅だ。

●共同研究者 :株式会社 高千穂

●研究テーマ :火山灰シラスをはじめ限りなく自然素材100%に近い造りと
          太陽エネルギーや雨水利用を取り入れた地球と人にやさしい
          「シラス+αの家」によるシックハウス症状軽減の実証実験と
          未来世代のための住まいづくりの研究

●建物概要  :構造 :木造軸組工法2階建
          :建築面積 : 83.71㎡              
          :述床面積 :136.08㎡

e0165671_1623633.jpg

もちろん「シックハウス」の検証住宅ではあるが、本来の住宅の機能も持ち合わせている。

北側に水回りを集中させ、動線、使い勝手よくキチンとまとまっていて、南に階段を

配置しても形状さえ気をつければ全く問題ない。

天井高はこれだけの広さのリビングだが2,100mm(2m10cm)だ。

これがまた素晴らしく良い。気持ちいい。落ち着く。設計だけでここまでの

意味を持つことを再認識した。全ての始まりはやはり基本設計だ。

e0165671_1623195.jpg

          ▲ 池田隊長もご覧のとおり満足げ

e0165671_16233561.jpg


ただ、いつも感じることだが、行政によって許可認識がまちまちで困ることだ。

排水関係の桝の数、本当にこれだけ必要ですか?不具合の起きた場合のことを

想定してかもしれないけれど、さすがにやり過ぎでは・・・。(広島もです)

建築費にも・・・・。これじゃコストダウンもナカナカかないませんもの。
[PR]
by nt-nosaka | 2009-01-20 17:58 | お知らせ