「公立小中学校が危ない」(遅れる耐震化)

今日は大変怖い話です。

昨日、お伝えしたランキング、実は公立小中学校の耐震化の件です。

なんと震度「6強」の地震で倒壊の危険性が高い校舎が7309棟存在する

広島県内の小中学校では「286棟」。

全国の耐震化率は「67%」。3割を超えるものには、未だ補強がされていないか

耐震の診断すら実施されていないという事が解った。

e0165671_15355589.jpg


いろいろな見解もあるが、「エッ」とびっくりさせられるような数値ではないか?

これでは、親も安心して我が子を学校に行かす事も出来ない重大な事では・・・・。

e0165671_15362669.jpg



そして、広島県の耐震化率はなんと「50.6%」、全国順位で第44位・・・・・・。

これは公立小中学校の順位であり、公立の幼稚園に限ると、耐震化率は、

「29.3%」(全国平均60.1%)のこの「ていたらく」。同第46位・・・・・。


第1位の神奈川県は90%を優に超えている。


未だ手つかずのこの耐震化問題、日本はこの世界の中で有数の、いや一番の

地震国であることは誰も異論はないはずなのに、この現状を、国も地方も

どのように考えているんだろうか?

1830億円の耐震補強に向けての予算が組まれているが、もっと無駄な予算から、

このような整備にもっと廻してほしいと思うのは、私だけではないはずだ。
[PR]
by nt-nosaka | 2009-06-18 15:44 | お知らせ