「屋根点検」


昨日点検に伺った数寄屋造りの超豪邸でのお話です。

その数寄屋造りの素敵なお住まいは弊社の施工ではありません。

京都からも職人さんを呼び寄せて平屋の大きなお住まいです。

本格的な茶室も構えお茶会も度々開かれています。

使われている材料も普段はめったに見ることが困難になってきた

ようなものばかりです。


昨日は軒樋の勾配手直しと網戸の張替え

それと屋根の点検を行いました。

平屋ですが、私自身久しぶりのハシゴを登っての屋根上です。

工事中のお住まいでは屋根上に上がっての施工チェックはするのですが

工事用足場がない完成後に上がるのは久しぶりです。

e0165671_17455140.jpg



歳には勝てません。

上げた足が思ったほど上がらず屋根上に上がるのも一苦労です。

ビビりながらもなんとかやっとの思いで無事に上がることができました。



今回は屋根材の点検も当たり前ですが、どうやら天井裏に

何かが住み着いているらしく気になっているので

どこからか入り込む隙間があるんでしょうか?

とのご相談があった訳です。



屋根上をぐるっとくまなく見まわりましたが・・・・

見つけました(笑)

ここが侵入口ですか・・・続きます



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-25 17:45 | お住まい訪問

e0165671_1811691.jpg


普通の住宅の上棟風景に見えるかもしれません。

しかし、実は「羊の皮をまとった狼」のようなお住まいです。

ゼロエネルギー住宅が

近い将来には当たり前になっていくであろう日本の新築住宅。

それに先駆けて弊社がご提案するゼロエネルギー住宅の上棟を迎えました。

自然エネルギーを最大限利用し、取り入れ、活かすことによって快適さを得ながら

ゼロエネルギーを達成できます。



家電・調理に関わるエネルギーも計算に取り込んだ上での

ネットゼロエネルギー住宅です。


広島県産材を柱・梁の構造材に使用した運送に関わる省エネ・省CO2にも

寄与しています。

耐震等級も最高ランクの等級3(通常の1.5倍の強さ)を確保しています。


8月の完成を目指します。




ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-23 18:17 | 家づくり


2008年5月に

環境省 地球環境研究総合推進費 戦略研究開発プロジェクト

日英共同研究 「低炭素社会の実現に向けた脱温暖化2050プロジェクト」

による

「低炭素社会に向けた12の方策」

が国立環境研究所から報告されています。


この調査では、便利で快適な「活力社会」を目指すシナリオと、

社会や文化を尊ぶ「ゆとり社会」を目指す2つのシナリオで、

2050年に要求されるサービスを満足しながらCO2の削減が

可能であるかどうかを調査しています。


その結果は、

どちらにおいても、サービス需要を十分満足しながらも、

1990年と比較して2050年に 70%のCO2削減が可能である
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と報告されているのです。


しかし、その実現は簡単ではありません。


やらないといけないことがたくさんあります。


それが「12の方策」としてまとめられています。


2050年に目指す住まいとオフィスの将来像として

【太陽と風を活かした建築デザイン】

【家計に優しい環境性能】

【匠の技の育成・伝承】

が提案されています。


気候風土に合わせた建築技術やパッシブデザインの重要性が取り上げられています。

是非ご一読されてみたらいかがでしょう。


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-18 11:02 | 家づくり

良いお天気に恵まれて無事滞りなく地鎮祭を終えることができました。

O様、おめでとうございます。



建築地は広島県大竹市の開発団地内です。

団地内の周囲も建築ラッシュ真っ盛り。


ハウスメーカーさんの家々ばかりです。


ほとんどが外装はサイデイングですが、

立派な家々が立ち並んでいます。

外構も立派なです。

植栽もされています。


e0165671_18503517.jpg



しかし、どの住宅を見ても必要な物が(すべての建築中の住宅も含めてですよ)

全く見当たりません。




日本の風土気候には切っても切り離せない必需品がそこにはないのです。

今やそれが無い家がほとんどです。


デザインの為か、コストダウンの為か私には推し量ることは出来ませんが

弊社ではあり得ないことです。


お住まいになる人は窓を開ける事はないのでしょうか?


エアコン頼りの家々なのでしょうか?


なんとなく寂しい気持ちになるのは私だけではない筈ですけど。




ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-13 18:50 | 現場・定期点検

「目論見中」


土曜日ですが全員出勤のエヌテックです。

GWは私とmatushitaは当番の為

休み無しでの出勤。


GWも終わりスタッフも日頃の忙しさに

やっと慣れたところでしょうか?

補助金事業等の応募も控えていて

設計スタッフも頭を悩めながらも着々と?

進んでいるようです。


明日はOB様宅の見学会、

新しく始まる住宅の地鎮祭。


明後日はゼロエネルギー住宅の説明会

夕方からは太陽光システムの正確な理解を

深める為の勉強会。

火曜日からは京都にて

泊り込みでの勉強会。

なかなか代休はいただけそうもありません。

しかし、来月こそは・・・・


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-12 19:20 | もろもろ


満足する住宅を手に入れるにはきちっとした大事な順序があることを

皆さんは考えたことがありますか?

パッシブデザインを考え、取り入れて心地良い住宅をお勧めする

エヌテックではきちんとその優先順位を共通認識しています。

e0165671_18344279.jpg



私達が考える心地良く満足でき、そして低エネルギーで暮らせる住宅にするには



① しっかりした構造


② 自然エネルギーの利用


③ 高効率設備の採用


④ 創エネルギー設備の採用


という間違ってはいけない考える優先順位があります。


次回からは何故この優先順位なのかをお伝えいたします。


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-10 18:35 | 家づくり

「増築部分の完了です」

e0165671_15431651.jpg



I様の増築部が完了いたしました。

その後の既存部分の改修工事に向けて打ち合わせ中です。

窓から眺める景色も新緑の季節です。

e0165671_1543435.jpg


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-07 15:44 | 現場・定期点検

「そうか本 私感」


何箇所かの「?」部分のひとつは

「性能面」でのお話です。

「外断熱」が「内断熱(充填断熱?)」より性能が高いような記述があります。

私はこの事に対してはナンセンスだと思っています。


一般のユーザーさんのみならず住宅業界もどっちがどうみたいな話がありますが

断熱の性能だけをを比べるとしたなら

その住宅のQ値(熱損失係数)を持って行うべきです。

そこには「外断熱」「内断熱(充填断熱?)」どちらでもOKですし

双方のメリット、デメリットをご納得された上で選択すれば良いことです。




建物全体のQ値・μ値の最適なバランスの上に心地よさは成り立つものだと

考えますが、いかがでしょうか?


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-06 11:57 | 家づくり


明日の泊原子力発電所を最後に全機停止を迎えます。

今朝のニュースで報道されていましたが

泊原発がある北海道泊村の住人たちの声として

稼働存続を切望されている皆さんの声がたくさんありました。

原発設置・稼働による国からの十分すぎるほどの潤沢なお金が

その街に流れることによって

もうそれ無しでは我が街が存続を計ることが困難なレベルにあるということです。


そして、そのお金によって

箱物は言うに及ばず

結婚お祝い金・10万円

第2子出産から・10万円

第1子から小学校・高等学校入学時・10万円

村内に住宅新築・中古住宅購入・最高200万円

0~15歳までの医療費の助成

65歳以上低所得者世帯へ年間400リットルの灯油の支給

75歳以上の方には敬老の日のお祝い金・2万円

・・・・・・・・

様々な助成金が充実している現状があるようです。

それもこれも原子力発電所がその地にあるお陰なのです。


再稼働が現実味を帯びない中、これからの村・街の末を案じている方が

片や大勢いらっしゃいます。


これからの現実的なエネルギー問題をどうやって解決に導くのか

本当に大きな岐路に立たされています。

原発停止か?再稼働か?

みなさんはどうお考えでしょう?


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2012-05-04 15:35 | もろもろ