「環境整備点検」⑤

今日は一月に2度行います「環境整備点検」の日です。

今日もお天気に恵まれて日中はもう春模様。

花粉もバンバン飛び回っているようです。(今からが辛い時期ですね)
e0165671_19284439.jpg
e0165671_19285715.jpg
e0165671_19291653.jpg
e0165671_19292835.jpg
e0165671_19294073.jpg
e0165671_1930020.jpg
e0165671_19303376.jpge0165671_19305461.jpg



















どちらの進行中の工事現場もとてもきれいに片付いています。

気持ちいいです!!

今日の「環境整備点検」は合格ですね。



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-26 19:36 | 現場・定期点検

e0165671_16492759.jpg


お客様に向けて最初に行うお住まい計画のプレゼンテーション

今月末28日の日にご来社いただき行う予定でした・・・でした?。

過去形になった理由は?

そして、その日を2週間延ばしていただく事に・・・

何故?

先日の夜プレ・プレゼンテーションを行いました。

スタッフは連日深夜までプラン・スケッチアップ・性能予測・PPの製作・・・・・

眼の下にクマをつくりながらやっとのことで出来あがったパッシブデザインを

基にしたこの計画。


最後の最後に

「もっとこうしたら更に良くなるのでは?」

「そうすることによって本来のパッシブデザインがもっと活かせるのでは?」


よってプラン計画変更です!!


頑張ってきたスタッフの眼も潤みがちのように感じましたが(笑)


「お客様の為にもっとより良い方法が見つかったらすぐ変更する」


会社の法律です!


この苦労はきっとお客様に伝わります!

弊社に頼んで良かったと言われます。


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-25 16:53 | 家づくり

e0165671_19222140.jpg

          ▲ ジジではありません! O様宅のすずちゃん 気持ち良さそう




「熱が逃げる」

とはいったいどういう事でしょうか?

熱の性質で前回言ったように

「熱は高いものから低いものに移動します」


お住まいからは冬は暖かくした室内から外に熱が移動する訳です。

建物から熱が移動(逃げる)手段は 二つ。

一つは

「伝導」

もうひとつは

「換気」

この二つによってのみ熱は逃げていきます。


だから部屋を暖房して暖めても断熱が十分でない場合は

どんどんとその熱が逃げてしまう為に思うほど温まらない

ことになります。


少し難しい言葉になりますが


お住まいから逃げていく熱の量《熱損失量》は

「伝導」によって逃げていく熱《貫流熱損失》と

「換気」によって逃げていく熱《換気による熱損失》を足したものになる訳です。


計画的に「換気」する事と違い

隙間風が入るお住まいでは

それと共に、「漏気」のことも考えないといけないかも・・・・



次回は《貫流熱損失》とはのご説明を・・・



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-23 19:25 | パッシブデザイン

e0165671_18314474.jpg



「断熱」

そもそも何故断熱をしなくてはいけないのか?

あの嫌な、頭を悩ます「結露」

隙間風が ひゅーひゅー そして断熱していない家は結露はありません。

寒い外とほとんど同じ気候だったら結露が発生するはずもありません。



しかし、外と同じような寒くて暑い家には住みたいとは思いませんよね。



冬は暖かくて夏は涼しいお住まいに誰もが住みたいはずです。

その為にはやはり「断熱」は欠かせないものとなりそうです。


結露の解決方法は又の機会に・・・・譲るとして


では「断熱」を考えていきます。


熱は

「温度の高いものから低いものに移動する」

という特性があります。

ということは、

「冬には暖房して暖かい室内から、寒い外に向かって熱が移動している(逃げている)」

という事です。



冬の暖かい室内ではどのような熱が発生しているでしょうか?

考えてみてください。



まず

「暖房器具」

「調理によるもの」

「照明」

他には「家電」もあります。

そして

「人」

人間も発熱していますね。

人一人で約60~80Wも熱を出しています。

5人家族だと

400Wですから小さな電気ストーブ位の熱エネルギーを出している計算になります。


冬の室温は何℃くらいが快適でしょうか?


18℃で十分という人もいれば20℃あってもちょっと寒いと感じる人もいらっしゃいます。


人それぞれですね。


しかし、その熱が、寒い外目掛けてどんどん逃げていく訳です。

もったいないので逃げていく量を減らしたいですよね。

その減らす役割を「断熱」が担っているわけです。


だから「断熱」って大事なのです。


次回は「熱が逃げる」ということはどういう事なのか?

その事をご説明しますね。







ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-22 18:41 | パッシブデザイン

e0165671_1934197.jpg

パッシブデザインに不可欠な重要事項を

私なりに整理しています。


もうすぐ完成します。

e0165671_193434100.jpg
e0165671_19344576.jpg

このパッシブデザインに基づき

スタッフ達が役割分担を決め、次のお客様に向けて

プレゼンテーションの方法を練っています。


明後日はプレ・プレゼンです。

大変楽しみにしていますから




e0165671_19351496.jpg



PS:どうやら私には懐いてくれないみたいです(涙)


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-21 19:35 | パッシブデザイン

「荒れ模様」

e0165671_18372665.jpg


広島市内を流れる太田川放水路の川土手を車を走らせてる最中です。
e0165671_18375684.jpg


お約束の時間に間に合うようにmatuが慎重に、大胆に転がして行きます。

しかし、<スタッドレスタイヤは魔法のタイヤではありません>ので・・・・

安全運転にてお願いします。

ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-12 18:38 | もろもろ

e0165671_10104655.jpg

お住まいを設計するにあたり、何よりもまず始めに考えなくてはならない事が

「パッシブデザイン」という事に気づいてからというもの

スタッフを巻き込みながら勉強続きの日々です。


考える順番としてエヌテックでは

① パッシブデザイン

② 自然エネルギー利用設備の検討

③ 省エネ設備の検討

となる訳です。


一番は「パッシブデザイン」


建物そのものの在り方(デザイン)で自然エネルギーを使って快適を得る設計を

実現する事によって、

「風」

「昼間の光」

「日射による熱」

等を最大限利用し、暮らしの中に快適を実現する事が出来ます。


しかしその為にはお住まいの性能をきちんと担保できる事が不可欠です。

「断熱」

「日射遮蔽」

が必須となる訳です。
e0165671_1011974.jpg



エヌテックの設計ルールとしてスタッフは

建物性能

「熱損失係数」 Q値=2.0W/㎡・K以下

「夏季日射取得係数」 μ値=0.04以下

をクリアするように実施設計を行っていきます。


何故「断熱」「日射遮蔽」が大事なのか?

私ながらの考え方も含め、少しづつ解き明かしていきます。


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-10 10:12 | パッシブデザイン

いろいろなお仕事の依頼をうけます。

昨日、今日2日間でカーポートの改修工事です。

私野坂の担当現場です。

e0165671_11194921.jpg

実は同じカーポートが2台連結されていますが、1台分のみの改修です。

このカーポートは8年くらい前の某メーカーの製品です。


いつも思いますが、少し時間が経過するとメーカーは次々と少しづつ

リニューアル、バージョンアップをして改良を加えます。


全くの新設の場合だと問題はありませんが、補修やこういうケースの改修時は

同じ製品はすでに製造はされていません。

似たような製品はありますが全く同じでは無いわけです。


綺麗にする為工事ですが、その為には「納まり」に気を使います。

似て非なる製品の為、逆にかえって見栄えが悪くなってしまうケースも・・・・・


お住まいも同様です。

流行り廃りがある材料を使うより、いつまでも長い目で供給可能な

ものを選定することも必要な事だと思いますが・・・
e0165671_11201729.jpg
e0165671_112030100.jpg



お住まいは40年、50年住み続けられる事が求められます。

その為にも継ぎ接ぎだらけになっては嫌ですからね。



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-04 11:36 | 家づくり

「八百長疑惑」

物凄い事になっています「大相撲の八百長疑惑」

もはや疑惑ではなく確信です。

これまでも相撲界はいろいろな八百長疑惑がメディアで取り上げられて

来ましたが、今回の疑惑はもはや「ジ・エンド」


やっぱりね~!!と言われる声も聞こえますが・・・


それでなくても一般人には解りかねる数えればきりの無いほど

たくさんのトラブル・疑惑が渦巻く世界です。


そういえば、プロ野球界の「八百長疑惑」にて永久追放を受けた選手も

過去いらっしゃいました。


しかし今回の事件で人気がナカナカ回復しない国技に追い打ちを掛ける

存亡の危機に直面している事は確かですね。

(ちなみに 初代 若乃花・大鵬・初代 貴乃花はちっちゃい頃好きでしたけどね)



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2011-02-03 17:57 | もろもろ