e0165671_18501142.jpg

今年ももう5月が終わろうとしています。

私の趣味はご存知磯釣り!

なんと今年は釣行は2回のみ!

瀬戸内もチヌの乗っ込みが最盛で爆釣しているはずです。

今も釣行のタイミングがなかなか合わず指をくわえております。

来月早々には一度磯に立って竿を振ってみたいものです。
e0165671_18503821.jpg



磯に行けないぶん小物の買い物は徐々に増えてきて

これを眺めつつ次回の釣行を密かに楽しみにしています。


ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2015-05-30 18:52 | さかなつり

「我慢の限界が…」

えっ、もう2月!

そんな声が社内でも聞こえています。

少し暖かい日が続いていますが、来週からはまた寒波が

やってくるみたいです。

海も時化になりそうなのでなかなか竿も振れません。

しかし、今月の9日の日曜日は、広島湾特有の牡蠣筏の上から

身が引き締まった「チヌ」「タイ」を狙いに釣行しようと

密かに目論んでおります。

e0165671_946336.jpg


3月には四国、愛媛の御荘に「でかパン」のお魚をターゲットに

2泊3日の釣行予定!!!
 

正月休みには長崎の男女群島への遠征釣行参加が叶わず、今年はまだ一度も

竿を振っていません。

スタッフみんなを拝み倒してでも(笑)、何とか実現したいものです。



ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2014-02-01 09:49 | さかなつり

久々の離島遠征」

e0165671_18513284.jpg

今更ながらの正月休みの報告です。

私の趣味は「釣り」がメイン

といってもここ最近12、3年は年に数回と激減しています。

30代半ばまでは休みの日は必ずと言っていいほど

雨がふろうと雪が降ろうと竿を出し続けてきました。

釣りのトーナメントの全国大会参加を目指して・・・

(一般の人から見ると異常な世界ですが)

念願が叶い35歳の時に釣具メーカーシマノのジャパンカップ全国大会に

参戦することができました。

有名なプロ釣師達と釣果を競う釣りが楽しい時期でした。

しかしその達成感からかその意欲が徐々に薄くなり、釣果を競うのではなく

ただゆっくりと楽しんで釣りを楽しむ方向に変化して行きました。

昨年の年末にある人から「男女群島」の遠征釣行の話が持ち上がり、

迷った挙句私も急遽参加することに・・・・

平成12年、草垣群島で60センチを獲って以来の離島遠征です。

そしてなんと大晦日、みなさんが紅白歌合戦を楽しんでいる最中に広島を出発。

一路長崎を目指します。

途中雪に悩ませられながら早朝に到着。

早速渡船に乗り込み、船は「男女群島」に進路をとります。

波が高く船床に背中を何度も打ち付けながら3時間あまりで男島付近に到着。
e0165671_18521847.jpg

e0165671_18524040.jpg


磯の上では寒波のために凍えながらも楽しい時間を過ごしました。

久々のBIGサイズの魚には出会えませんでしたが、また次回の釣行にとっておきます。

尾長グレの離島遠征のシーズンは3月いっぱい。

それまでに、またの離島遠征釣行を密かに目論んでおります。





ki-bako「木箱の家」が、
2010年グッドデザイン賞を受賞しました!
b0122502_11585995.jpg

b0122502_121591.jpg


エヌテックのホームページ ← はこちらから!
[PR]
by nt-nosaka | 2013-02-08 18:54 | さかなつり

本当に溶けて無くなってしまいそうでした!!

こちらからどうぞ(笑)
[PR]
by nt-nosaka | 2010-07-21 20:09 | さかなつり

「久々の須佐釣行」

e0165671_17511092.jpg

休みと凪ぎの日が合わずに久々の釣行です。

近郊での尾長に狂いつつあり、またまた、須佐「戎丸」さんにお世話になりました。

月曜日の釣行結果です。

戎丸の出船はAM5:30です。日曜日の深夜、広島を出発し一人で高速道路を

かっ飛ばします。(制限時速80キロで・・・・・)

途中コンビニに立ち寄り、あくる日の水分・食糧を購入(焼酎もゲット)、

一路須佐港を目指します。

AM3:00無事駐車場に到着。ポットに入れた熱い湯で、焼酎のお湯割りで一杯。

あと2時間仮眠をとるために、夜空に少し輝く星を見ながら、いつの間にやら・・・・・。

5:00に飛び起き、さあ準備開始です。

磯ブーツを履き、ウィンドブレーカー、ライフジャケットを着込み、いざ出陣。


「戎丸」の船長に挨拶を済ませ、最近の釣果を伺いましたが、海も荒れ水温の低下もあり

このところ目立った釣果があまりないとの事。

今日は港を出て、「戎丸」は西側の磯に船を向けます。私が渡りたい「四つ瀬」とは

全くの逆方向。(ガッカリ)

この「四つ瀬」は、渡船が当番制になっているため、よほどのタイミングが合わない限り、

「戎丸」で四つ瀬に渡る事が困難なのです。


本日の磯釣り師はたった3人。最近の釣果を物語っているようです。

他の二人を「ビシャゴ」に降ろし、私は「地の松」?へと・・・・・。

e0165671_17531581.jpg


地磯ですが、50センチの口太グレが出た実績のある磯です。

船長の話では、右方向に潮が動く時が実績が高いとの事、

その潮に期待して、仕掛けづくりです。

瀬際にまず撒き餌を少しづつ入れてみますが、餌取り一匹たりと見えません(笑)

先が思いやられる釣りになりそう。潮が全く動く気配なし。

ウキを沈め、どんどんと探っていきますが、餌も取られません。

竿、2本のタナでやっと本日の魚が針掛かり。やっぱり、フグ。(笑)

その後もフグ、フグ、フグ・・・・・・。

2時間後にはグレ狙いから、チヌに変更!1号負荷のウキに0.8号の水中ウキを

セットし、ドンと早めに狙いのタナまで急潜航させます。

水深、約18メートルにタナ2本半でやや底狙いに切り替えです。

数投した後、竿3本先にあるウキが、ややシモリ気味にゆっくりと、

ゆっくりと海中に引き込まれていきます。

やや見え辛くなるまで待って合わせを入れると、ガツンと手ごたえが・・・・。

竿をゴンゴンと叩くチヌ特有の引きを堪能しながら、上がってきました42センチの

あまり元気のないチヌのお目見えです。
e0165671_17542354.jpg



すばやく2匹目を狙います。

同じく、同様の引き味を味わって顔を見せたのが45センチ。

この後が面白かった。なんと本日最長寸のなんと「アイナメ」がヒット。チヌの引きとは違い

何が針掛かりしたのかと思う引きでしたが、腹廻りがビール瓶ほどもある最高級魚です。

(食べたら美味しい魚です。)
e0165671_17551011.jpg


しかし、やはり今日は潮が動きません。この後はまたフグ、フグ、フグのオンパレード。

まあ、ボーズでなかった事で良しとしよう。

e0165671_17561236.jpg

水たまりに活かしておいた45センチのチヌと47センチのアイナメ、

どこに隠れているか、解りますか~?


今日は、魚の予約が入っていない為に、全て放流!リリース!

もっと大きく育って、また私だけの餌に食いついてくださいね~。

(しかし、アイナメだけでも持ち帰って刺身で一杯やった方が良かったかも・・・・・。)

やはり、他の磯も潮が動かず苦戦したとかで、みなさん丸ボーズ。

リリースしたのは内緒にしておこう。
[PR]
by nt-nosaka | 2010-04-07 18:27 | さかなつり

「名礁」

いつの日か
e0165671_10341123.jpg

          ▲ イラコ
e0165671_10342495.jpg

          ▲ タケノコ

尾長・口太グレの50オーバーを・・・・・。
[PR]
by nt-nosaka | 2010-02-11 10:39 | さかなつり

「月の引力」

干満は月の引力の影響ですが

瀬戸内は差が大きく、日本海側は差はあまり顕著では

ありません。なぜでしょうか?

2月2日の瀬戸内の海の様子。
e0165671_1129854.jpg

          ▲ 満ち上がり 8分くらい
e0165671_11303872.jpg

          ▲ 下げ8分くらい

こうして比べてみると面白いものです。

その影響だけではありませんが、この潮の動きによって

魚の活性が突如変化をきたします。
e0165671_11294440.jpg

          ▲ この日の釣果 チヌ42センチ~46センチ アイナメ30センチ

お刺身でいただきました。(ニッコリ)
[PR]
by nt-nosaka | 2010-02-04 11:43 | さかなつり

「山陰の釣り 四つ瀬」

関節痛、筋肉痛の原因となった釣行話です。

昨年5月以来の四つ瀬に渡礁しました。

波高は穏やかで(山陰としてはです)風もほとんど気になるようなものでもなく

絶好の釣り日和だったのですが・・・・・。


e0165671_1748134.jpg

          ▲ 朝日に映える四つ瀬の全景
e0165671_17483510.jpg

          ▲ 四つ瀬名礁 「イラコ」

私が渡った磯からほぼ正面にこの「イラコ」が見えます。
e0165671_17485363.jpg

          ▲ 「イラコ」と「水道」4名が渡礁
e0165671_17491386.jpg

          ▲ 名礁「竹の子」の遠景

左手には「竹の子」が
e0165671_17493025.jpg

          ▲ 「竹の子」と「竹の子の奥」
e0165671_17495131.jpg

          ▲ 「ユウレイ」

右手には「ユウレイ」
e0165671_17501244.jpg

          ▲ 釣りを終え談笑しながらの帰り道




そういえば筋肉痛のお話。


次々と渡礁していく人達を見送りながら、船長から

「野坂さん、次の磯 乗りますか?」


どこの磯かも分らぬうちに

「了解しました。」と渡る準備を・・・・・。



目の前に現れた小高く小さな、小さな磯。

エ~!! ここに私に乗れと言うの?


この私が渡った磯の名は「ビックリ」というらしい。

本当にびっくりでした。

e0165671_17524898.jpg

          ▲ 「ビックリ」(尾長依存症さんブログより拝借しました)

ここで8時間立ちっぱなしで釣り三昧・・・。

8時間・・・平らな場所がない・・・物も置けない・・・滑る・・・そのまま海に・・・

トイレは?・・・(笑)

怖~い磯でした。

8時間も足に力を入れ、ふんばっていた為に・・・・・。


さて釣果の方はいかがだったでしょう?。
[PR]
by nt-nosaka | 2010-01-25 19:50 | さかなつり

「思案中」

明日の夜は地磯からの「メバル」狙いにするか

思案中です。
e0165671_176359.jpg


食べて美味しい、人に差し上げても喜ばれます。

敵は猫と天気かな?

気力かも・・・・・。
[PR]
by nt-nosaka | 2010-01-10 17:09 | さかなつり

「残念ながら」

あけましておめでとうございます。

今年も、昨年同様に、よろしくお付き合いくださいませ。


正月気分のままの初出が過ぎ、ぼちぼちと本気モードにシフトチェンジしなくては

いけませんが、これがなかなか手強くて・・・・・。


正月休みは、田舎へ帰省しました。

雪の中国山地を超え、山陰に・・・。


今回の休みは、なんとなんと釣り三昧の計画。

30日・31日・1月1日・2日・3日の釣行予定で体力の続く限りに

頑張って愛竿を振ってきたいと思っていましたが、しかし

大晦日31日には大寒波がやって来るとの事、

日本海は一度海が時化ると、うねりがなかなか取れず困った事です・・・・。


案の定、渡船の船頭さんに連絡を入れると、

「30日は、波高が3メートルじゃけん、ちょっと磯には渡せんわ~。」

予期していたとはいえ、ガックリと肩を落としたのでありました。


天気予報通り、31日には海は大時化。

波高は6メートル。

諦めのつく日本海の海でした。
e0165671_17474261.jpg
e0165671_1748512.jpg
e0165671_17481739.jpg

          ▲ 狂ったように牙をむく山陰の海


決意新たに、次こそは山陰、須佐沖の「四つ瀬」に絶対に乗ってきますから。
[PR]
by nt-nosaka | 2010-01-06 17:52 | さかなつり